資生堂ジャパン『HAKU 薬用 美白美容液ファンデ (医薬部外品)』使ってみました

資生堂ジャパンさんの
『HAKU 薬用 美白美容液ファンデ (医薬部外品)』
のモニターに参加しています。



『HAKU 薬用 美白美容液ファンデ (医薬部外品)』の特長

つけていることで、シミをカバーしながら美白する薬用美白美容液ファンデ。
美白有効成分4MSK配合(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)で
メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。
シミや色ムラをカバーして、シミの気にならない、明るく透明感のある肌を演出します※。
なめらかに広がり、さらっと自然な仕上がり。 ※メイクアップ効果による
SPF30・PA+++で紫外線から肌を守ります。
全4色(ピンクオークル10/オークル30/オークル20/オークル10)
美白*しばり表現:日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ

薬用 美白美容液ファンデーションの詳細はこちら



16年連続美白美容液売上No.1※のアイテムです。
(※HAKUブランドとして)
美白*美容液としての役割も果たす新しい概念のファンデーション。
(美白*しばり表現:日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ)
さらにブルーライトカット効果で肌を守ってくれるとか。
今回は4色あるうち『オークル10』を使ってみました。



先が細く、適量が出しやすいチューブタイプ
HAKUシリーズはデザインがシンプルかつ近未来的で
格好いいですよね。素敵です。

■使い方
スキンケアで肌を整えた後、指先にパール粒1コ分をとり、
顔の5カ所(両ほお、額、鼻、あご)におき、顔全体になじませます。
紫外線の影響をうけやすいほおや、特にカバーしたい部分には、
少量とり軽くぼかすようになじませます。
使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果が得られません。
紫外線防御効果のある化粧下地などとの併用をおすすめします。



こっくりなめらかなテクスチャーです。
馴染ませた後はベタつきや被膜感も覚えず、心地よい使用感
リキッドファンデよりもずっと軽く、
でも美容液ならではの程良い濃厚さも感じながらも表面はサラリ



ナチュラルで薄付き、でもしっかり隠したいところは隠してくれる
悩みである目元のシミや赤みなどの色ムラも目立たない様な仕上がりに。
簡単に美しく、ナチュラルに肌悩みをカバーしてくれるのは嬉しいです。



ファンデーションで隠したいシミや赤みをカバーする上に
日頃からの悩みである美白*ケアも同時に出来てしまう便利なアイテム。
自然にワントーン明るく演出してくれるメイクアップ効果も気に入っています。



美白*ブランドとして実績のある『HAKU』シリーズだからこその安心感。
『メラノフォーカスV』にも採用されている美白*有効成分の他にSヒアルロン酸も配合。
心地よい使用感なので季節関係なく、美白効果を期待して使い続けたいアイテムです。
(美白*しばり表現:日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ)



『HAKU 薬用 美白美容液ファンデ (医薬部外品)』
販売名:HAKU メラノフォーカスF
内容量:30g
価格:4,800円(税抜)


資生堂ジャパンさんありがとうございました。


資生堂様のプロモーションに参加中


薬用 美白美容液ファンデーションの詳細はこちら


Instagramへの投稿記事はこちら→
@cosmeへの投稿記事はこちら→
■コスメルポへの投稿記事はこちら→
Twitterへの投稿記事はこちら→